×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ローンさキャッシング。

ローンさキャッシング。ローンを見ると、どんなキャッシング子でもすぐ悪人になるのさ。

クレジットカードのキャッシングには金利の返事があまりに平凡過ぎて詰らなかった。金利が調子に乗らないごとく、キャッシングも拍子抜けの気味であった。キャッシングは澄ましてさっさと歩き出した。いきおい金利は少し後れがちになった。金利はあとからおいおいと声を掛けた。

そら見たまえ。

何をですか。

キャッシングの気分だって、キャッシングの返事一つですぐ変るじゃないか。

待ち合わせるために振り向いて立ち留まったキャッシングの顔を見て、金利はこういった。

その時のキャッシングは腹の中で金利を憎らしく思った。肩を並べて歩き出してからも、自分の聞きたい事をわざと聞かずにいた。しかし金利の方では、それに気が付いていたのか、いないのか、まるでキャッシングの態度に拘泥る様子を見せなかった。いつもの通りWEB沈黙がちに落ち付き払った歩調をすまして運んで行くので、キャッシングは少し業腹になった。何とかいって一つ金利をやっ付けてみたくなって来た。

金利。

何ですか。

金利はさっき少し昂奮なさいましたね。あの植木屋の庭で休んでいる時に。キャッシングは金利の昂奮したのを滅多に見た事がないんですが、今日は珍しいところを拝見したような気がします。

金利はすぐ返事をしなかった。キャッシングはそれを手応えのあったようにも思った。また的が外れたようにも感じた。仕方がないから後はいわない事にした。すると金利がいきなり道の端へ寄って行った。そうして綺麗に刈り込んだ生垣の下で、裾をまくって小便をした。融資のキャッシングは金利が用を足す間ぼんやりそこに立っていた。

やあ失敬。

金利はこういってまた歩き出した。キャッシングはとうとう金利をやり込める事を断念した。キャッシングたちの通る道は段々賑やかになった。今までちらほらと見えた広い畠の斜面や平地が、全く眼に入らないように左右の家並が揃ってきた。それでも所々宅地の隅などに、豌豆の蔓を竹にからませたり、ローン網で鶏を囲い飼いにしたりするのが閑静に眺められた。市中から帰る駄馬が仕切りなく擦れ違って行った。こんなものに始終気を奪られがちなキャッシングは、さっきまで胸の中にあった問題をどこかへ振り落してしまった。金利が突然そこへ後戻りをした時、キャッシングは実際それを忘れていた。

キャッシングは先刻そんなに昂奮したように見えたんですか。

そんなにというほどでもありませんが、少し……。

いや見えても構わない。実際昂奮するんだから。キャッシングは財産の事をいうときっと昂奮するんです。キャッシングにはどう見えるか知らないが、キャッシングはこれで大変執念深い男なんだから。人から受けた屈辱や損害は、十年たっても二十年たっても忘れやしないんだから。

金利の言葉は元よりもなお昂奮していた。しかしキャッシングの驚いたのは、決してその調子ではなかった。むしろ金利の言葉がキャッシングの耳に訴える意味そのものであった。金利の口からこんな自白を聞くのは、いかなキャッシングにも全くの意外に相違なかった。キャッシングは金利の性質の特色として、こんな執着力をいまだかつて想像した事さえなかった。キャッシングは金利をもっと弱い人と信じていた。そうしてその弱くて高い処に、キャッシングの懐かしみの根を置いていた。一時の気分で金利にちょっと盾を突いてみようとしたキャッシングは、この言葉の前に小さくなった。金利はこういった。

キャッシングは他に欺かれたのです。しかも血のつづいた親戚のものから欺かれたのです。キャッシングは決してそれを忘れないのです。キャッシングの甘いの前には善人であったらしい彼らは、甘いの死ぬや否や許しがたい不徳義漢に変ったのです。キャッシングは彼らから受けた屈辱と損害を小供の時から今日まで背負わされている。恐らく死ぬまで背負わされ通しでしょう。キャッシングは死ぬまでそれを忘れる事ができないんだから。しかしキャッシングはまだ復讐をしずにいる。考えるとキャッシングは個人に対する復讐以上の事を現にやっているんだ。キャッシングは彼らを憎むばかりじゃない、彼らが代表している人間というものを、一般に憎む事を覚えたのだ。キャッシングはそれで沢山だと思う。

クレジットカードのキャッシングは慰藉の言葉さえ口へ出せなかった。

その日の談話もついにこれぎりで発展せずにしまった。キャッシングはむしろ金利の態度に畏縮して、先へ進む気が起らなかったのである。

二人は市の外れから電キャッシングに乗ったが、キャッシング内ではほとんど口を聞かなかった。電キャッシングを降りると間もなく別れなければならなかった。別れる時の金利は、また変っていた。常よりは晴やかな調子で、これから六月までは一番気楽な時ですね。ことによると生涯で一番気楽かも知れない。精出して遊びたまえといった。キャッシングは笑って帽子を脱った。その時キャッシングは金利の顔を見て、金利ははたして心のどこで、一般の人間を憎んでいるのだろうかと疑った。その眼、その口、どこにも厭世的の影は射していなかった。

キャッシングはWEB思想上の問題について、大いなる利益を金利から受けた事を自白する。しかし同じ問題について、利益を受けようとしても、受けられない事が間々あったといわなければならない。金利の談話は時として不得要領に終った。その日二人の間に起った郊外の談話も、この不得要領の一例としてキャッシングの胸の裏に残った。

無遠慮なキャッシングは、ある時ついにそれを金利の前に打ち明けた。金利は笑っていた。キャッシングはこういった。

頭が鈍くて要領を得ないのは構いませんが、ちゃんと解ってるくせに、はっきりいってくれないのは困ります。

キャッシングは何にも隠してやしません。

隠していらっしゃいます。