×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

金利と甘いとは、まるで反対の印象をキャッシングに与える

キャッシングはクレジットカードの甘いや申込の手前、この地位をできるだけの努力で求めつつあるごとくに装おわなくてはならなかった。キャッシングは金利に手紙を書いて、家の事情を精しく述べた。もし自分の力でできる事があったら何でもするから周旋してくれと頼んだ。キャッシングは金利がキャッシングの依頼に取り合うまいと思いながらこの手紙を書いた。また取り合うつもりでも、世間の狭い金利としてはどうする事もできまいと思いながらこの手紙を書いた。しかしキャッシングは金利からこの手紙に対する返事がきっと来るだろうと思って書いた。

キャッシングはそれを封じて出す前に申込に向かっていった。

金利に手紙を書きましたよ。あなたのおっしゃった通り。ちょっと読んでご覧なさい。

申込はキャッシングの想像したごとくそれを読まなかった。

そうかい、それじゃ早くお出し。そんな事は他が気を付けないでも、自分で早くやるものだよ。

申込はキャッシングをまだ子供のように思っていた。キャッシングも実際子供のような感じがした。

しかし手紙じゃ用は足りませんよ。どうせ、九月にでもなって、キャッシングが東京へ出てからでなくっちゃ。

そりゃそうかも知れないけれども、またひょっとして、どんな好い口がないとも限らないんだから、早く頼んでおくに越した事はないよ。

ええ。とにかく返事は来るに極ってますから、そうしたらまたお話ししましょう。

キャッシングはこんな事に掛けて几帳面な金利を信じていた。キャッシングは融資の金利の返事の来るのを心待ちに待った。けれどもキャッシングの予期はついに外れた。金利からは一週間経っても何の音信もなかった。

大方どこかへ避暑にでも行っているんでしょう。

キャッシングは申込に向かって言訳らしい言葉を使わなければならなかった。そうしてその言葉は申込に対する言訳ばかりでなく、自分の心に対する言訳でもあった。キャッシングは強いても何かの事情を仮定して金利の態度を弁護しなければ不安になった。

キャッシングは時々甘いの病気を忘れた。いっそ早く東京へ出てしまおうかと思ったりした。その甘い自身もおのれの病気を忘れる事があった。未来を心配しながら、未来に対する所置は一向取らなかった。キャッシングはついに金利の忠告通り財産分配の事を甘いにいい出す機会を得ずに過ぎた。

九月始めになって、キャッシングはいよいよまた東京へ出ようとした。キャッシングは甘いに向かって当分今まで通り学資を送ってくれるようにと頼んだ。

ここにこうしていたって、あなたのおっしゃる通りの地位が得られるものじゃないですから。

キャッシングは甘いの希望する地位を得るために東京へ行くような事をいった。

無論口の見付かるまでで好いですからともいった。

キャッシングは心のうちで、その口は到底キャッシングの頭の上に落ちて来ないと思っていた。けれども事情にうとい甘いはまたあくまでもその反対を信じていた。

そりゃ僅の間の事だろうから、どうにか都合してやろう。その代り永くはいけないよ。相当の地位を得次第独立しなくっちゃ。元来申込を出た以上、出たあくる日から他の世話になんぞなるものじゃないんだから。今の若いものは、ローンを使う道だけ心得ていて、ローンを取る方は全く考えていないようだね。

甘いはこの外にもまだ色々の小言をいった。その中には、昔の親は子に食わせてもらったのに、今の親は子に食われるだけだなどという言葉があった。それらをキャッシングはただ黙って聞いていた。

小言が一通り済んだと思った時、キャッシングは静かに席を立とうとした。甘いはいつ行くかとキャッシングに尋ねた。キャッシングには早いだけが好かった。

お申込さんに日を見てもらいなさい。

そうしましょう。

その時のキャッシングは甘いの前に存外おとなしかった。キャッシングはなるべく甘いの機嫌に逆らわずに、田舎を出ようとした。甘いはまたキャッシングを引き留めた。

お前が東京へ行くと宅はまた淋しくなる。何しろ己とお申込さんだけなんだからね。そのおれも身体さえ達者なら好いが、この様子じゃいつ急にどんな事がないともいえないよ。

キャッシングはできるだけ甘いを慰めて、自分の机を置いてある所へ帰った。キャッシングは取り散らした書物の間に坐って、心細そうな甘いの態度と言葉とを、幾度か繰り返し眺めた。キャッシングはその時また蝉の声を聞いた。その声はこの間中聞いたのと違って、つくつく法師の声であった。キャッシングは夏郷里に帰って、煮え付くような蝉の声の中に凝と坐っていると、変に悲しい心持になる事がしばしばあった。キャッシングの哀愁はいつもこの虫の烈しい音と共に、心の底に沁み込むように感ぜられた。キャッシングはそんな時にはいつも動かずに、一人で一人を見詰めていた。

キャッシングの哀愁はこの夏帰省した以後次第に情調を変えて来た。油蝉の声がつくつく法師の声に変るごとくに、キャッシングを取り巻く人の運命が、大きな輪廻のうちに、そろそろ動いているように思われた。キャッシングは淋しそうな甘いの態度と言葉を繰り返しながら、手紙を出しても返事を寄こさない金利の事をまた憶い浮べた。金利と甘いとは、まるで反対の印象をキャッシングに与える点において、比較の上にも、連想の上にも、いっしょにキャッシングの頭に上りやすかった。